太陽光発電 埼玉

埼玉県の太陽光発電設置業者を選ぶ前に知っておくべきポイント!

太陽光発電のメリット

 

太陽光発電のメリットについて。
太陽光発電を利用している皆さんは、どんな理由で設置していますか?
もちろん、メリットなど、お得な部分を見て設置していると思いますが、
実際、太陽光発電にはどんなメリットがあるのでしょうか?
太陽光発電には、たくさんのメリットがあると言われています。

 

 

1.クリーンエネルギー
2.売電
3.補助金支給
4.災害時でも便利

 

 

という4点。
太陽光発電が、環境にやさしいのはご存知でしょう。
太陽光発電「は、二酸化炭素を出しませんから、
オゾン層破壊など空気を汚さず、環境にやさしいのが特徴です。
なかには、有害物質になる太陽電池もあるので注意が必要ですが、
一般的に環境に安心して使えるのが特徴です。

 

 

売電とは、発電した電力を電力会社に買ってもらうシステムです。
補助金支給は、国・地方・自治体などから受け取る補助金です。

 

 

 

震災後、たくさんの家庭が太陽光発電にしたと言われています。
太陽光発電は、その名のとおり、太陽の光を使って発電しますから、
電気がストップしても生活ができます。
電気がない生活の大変さを知った方が多いため、
震災後の太陽光発電の設置がグンとアップしたようです。

 

太陽光発電の容量について。
太陽光発電を設置する上で気になるのが、「容量」です。
太陽光発電システムもさまざまですから、
やはり設置するなら容量はきちんと把握しておきたいですね。

 

 

 

まず、一般家庭の平均年間消費電力は、「5650kwh」と言われています。
これは、親子4人の平均的な年間消費電力なので、
当然家族が多いほど、消費電力は増えます。

 

 

親子4人で考えた場合、9〜7割をカバーできる容量を持った
太陽光発電システムが必要になります。
となると、平均年間消費電力を5650kwhとし×90%とすると、
5085kwhが1年間で必要な発電システム量になります。
5kwの発電程度なら、太陽電池モジュールは21枚で十分だと言われています。

 

 

 

もちろん、これらはあくまで「平均」です。
また、日中家に人がいない状態での計算ですから、
日中家にいる場合などは、使用電量も増えるので、
どうしても計算の答えは変わって来ます。
さらに、設置総額は屋根のサイズやパネルの
メーカーなどによっても異なります。
都道府県によって補助金制度も違いますから、
容量を確定するのは難しいかもしれませんね。
目安で考えておくと良いでしょう。

 

フジプレアムの太陽光発電ってどうなの?

 

太陽光発電と落雷について。
気になるのが、太陽光発電と落雷の関係です。
太陽光発電は天候に左右されるとはいえ、
落雷の場合はどうなのでしょうか?
システムを導入していない場合、
落雷があると当然電力は使えなくなります。
では、太陽光発電のような大きな電力を使用していると、
雷による被害は大きくなるのでしょうか・・・?

 

 

 

そもそも、雷にはいくつかの種類があります。

 

 

1.直撃雷
2.誘導雷
3.逆流雷

 

 

雷なんてどれも同じでは?
と思う方が多いと思いますが、
雷の種類によって、被害も大きく異なります。

 

 

 

太陽光発電は雷の被害があるのか?
ですが、一般的に雷で故障することは珍しいようです。
もちろんまったく故障しないわけではありませんが、
もし雷で太陽光発電に異常が出た場合、
とてもレアなケースだと言われています。
ただ、問題はパワーコンディショナーです。
パワーコンディショナーは太陽電池に比べると寿命も短いですし、
衝撃に弱いものです。
もし雷で太陽光発電の調子が悪くなるとしたら、
パワーコンディショナーに問題があるのかもしれません。
専門の方に診てもらうと良いでしょう。

 

東芝の太陽光発電ってどうなの?